2016年03月23日

上棟

2016.03.12 上棟

お天気が心配されましたが、雨になることもなく、無事に工事が出来ました。
予め綺麗にプレカットされた木材にて、まず、柱を建てていきます。
sakadomhmokukouji133.jpg

こちらは梁の部材を組み立てる作業です。
sakadomhmokukouji153.jpg


主構造材と屋根の部材も組上がり、無事上棟しました!
sakadomhmokukouji1165.jpg

2016年03月18日

モデルハウス建築中!!!

2016.03.18 現在、サンライフコーポレーションでは、水戸市酒門町にモデルハウスの新築工事を行っております。

工事の進捗情報、トピックスなど、『モデルハウス』ページ及び『施工中物件』ページにて
随時更新しておりますので、どうぞご覧ください。

また、スタッフブログにおきましても、各スタッフがそれぞれの視点から情報をアップしています!
よろしければブログの方もご覧になってください。

2016年03月17日

「土台敷き」と足場組み

2016.03.11 土台敷き

基礎の養生が終わり、基礎立上り部分に、土台を敷く作業が進んでいます。


sakadomhmokukouji102.jpg

給排水管も施工されましたので、お風呂やトイレの位置が大体分かりますね。
ここがキッチンかな、リビングダイニングはこのあたりかな、と間取りも予想できそうです。

sakadomhmokukouji107.jpg

上棟に向けて、しっかりと足場も組み上がっています。

sakadomhmokukouji113.jpg

次の工程は、上棟(建て方)です。
クレーン作業で、主要な構造の柱、梁などが組上がっていきます。

安全第一で職人さん、業者さん達が工事を進めてくれています。

2016年03月14日

新規 不動産情報

2016.08.19
水戸市堀町 売地 750万円

2016.07.25
水戸市元吉田町 中古住宅4LDK 1598万円

2016.05.16
茨城町小幡 売地 250万円成約済み

2016.04.11
☆ 水戸市千波町 売地 1200万円

2016.04.01
☆ 水戸市笠原町 売地 1200万円

2016.03.28
☆ 水戸市見川町 売地 980万円

2016.03.25
☆ 水戸市元吉田町 中古住宅6DK 1480万円

2016.03.18
☆ 水戸市元吉田町 中古住宅4LDK 1598万円成約済み


2016.03.14 
☆ 笠間市下郷 売地 250万円

☆ 水戸市東野町 中古住宅4DK 650万円

☆ 水戸市大塚町 中古住宅9LDK 1398万円成約済み


詳細は不動産情報ページをご覧ください。
上記物件名クリックでもご確認できます!

2016年03月07日

失敗しない中古住宅購入 ~中古住宅+リフォーム~

 中古住宅+リフォームで快適な我が家
水戸市、ひたちなか市、笠間市周辺で中古住宅購入をご検討されている方へ

私共サンライフコーポレーションの
『中古住宅+リフォーム』のご提案です。


理想の生活の実現の為に

子育て世代のご家族にとって、両隣や上下階の住人に常に気を遣って過ごすアパート暮らしというのは、何かと窮屈なものです。
ご近所に配慮し、お子さんを叱る機会が必要以上に増えてしまうのではないでしょうか?
私生活も、隣近所に筒抜けになっているような気がするという方も多いようです。
362823.jpg

もっと自然にのびのびと開放的な生活がしたい、
子どもを必要以上に叱ることなく元気に明るく笑顔があふれる毎日を過ごしたい
     …そう理想の生活を夢見るご家族が多いのは当たり前ですよね。


でも…新築はお金がかかるし、打ち合わせや土地探しが大変そう…そう考える方もいらっしゃると思います。
しかし、手を伸ばせば届くところに理想の生活を実現する方法があるとしたらどうでしょう?

近年、マイホーム選びの新機軸として『中古住宅を買ってリフォーム』という選択肢が台頭しつつあるようです。
377716.jpg
その背景には、優良な中古住宅の増加、リフォーム技術の発展といった、業界を取り巻く様々なポジティブ要因に加え、単にコストの安さだけに留まらない『中古住宅ならではのメリット』に、消費者自身が気づき始めたという点も大きいのではないでしょうか。


さらに、国も中古住宅流通市場の活性化を後押しする制度の整備を進めるなど、かつてない盛り上がりを見せつつある中古住宅。

ここでは、その具体的な魅力をご紹介いたします。


中古住宅の魅力 その1
新築住宅と比べて、平均1000万円以上安い!
reform-1.jpg中古住宅の一番の魅力といえば、やはり価格の安さです。
マイホーム購入者の資金総額の平均は、注文住宅が3614万円、分譲住宅が3597万円であるのに対し、中古住宅は2192万円と、1000万円以上も安くなっています。
(※国土交通省「平成24年度住宅市場動向調査」より)
では、リフォームの相場はどれくらいでしょうか。
広さやこだわりにもよりますが、フルリフォームで500万円~700万円程度です。
大規模なリフォームで内装や設備を新築並みに刷新しても、新築の8割程度の価格でマイホームが手に入れられることになります。
ただし、新築には建物の耐用年数が長いなど、新製品ならではの魅力ももちろん沢山あります。新築特有のメリットに対し、価格に見合った価値を感じられるかどうかが、中古住宅を選ぶ際のポイントになるでしょう。

中古住宅の魅力 その2
敷地や建物が大きく、居室にゆとりがある!
reform-2.jpg中古を購入するにしても、築年数は浅い方がいい、と考える人がほとんどだと思います。
しかし、築古物件にもメリットがあるのです。
例えば、築30年前後の中古住宅の場合、当時の平均的世帯の4人家族向けである3LDK・4LDK以上の広々とした物件が多く、非常にゆとりのある造りになっています。
このような物件を、自身のライフスタイルや家族構成に合う間取りにリフォームすれば、機能と広さを両立した快適な住まいをお手頃価格で手に入れることができます。

建売住宅の価格が高い人気のエリアでも、低予算で理想の一戸建てが購入できます。

中古住宅の魅力 その3
様々な税制優遇!
reform-3.jpg現在、全国的に中古住宅市場は活性化しています。なぜでしょうか?
数年前から、中古住宅の供給戸数は増加中です。
2012年3月、国土交通省が「中古住宅・リフォームトータルプラン」を策定し、2020年までに中古住宅流通・リフォーム市場の規模を現状の倍にあたる20兆円に拡大させるべく、様々なプランを打ち出しました。
その中には中古住宅取得やリフォームに際しての税制優遇措置や、中古住宅購入費とリフォーム工事費を合わせて融資するローンの普及なども含まれています。
2014年度には、リフォームした中古住宅を「長期優良住宅」に認定する制度も新設。認定されると、、住宅ローン減税の拡充や固定資産税の軽減延長など様々な税制優遇が受けられるようになります。このように、国をあげて政策に取り入れ進められているのが『中古住宅+リフォーム』なのです。

reform-4.jpg


総合的に見て、中古住宅は今が《買い時》です!

かつては予算の問題から妥協して中古住宅を選ぶイメージでしたが、最近では上記の様に積極的に選ぶべきメリットが多くなってきました。
もちろん、歳月を重ねた物件は、建物全体の経年劣化の状態をよくチェックした上での慎重な判断が必要となりますが総合的に見て、中古住宅が《買い時》であることは間違いありません。

では、実際のリフォームにはどれくらいお金がかかるのか?

リフォームしたらどのように変わるのか?

他の購入者はどこをリフォームしているか? 気になりますね!
具体的な事例をご紹介していきます!

  
↓※クリックすると大きな画像で見ることができます
cyuukoreform-1.png

cyuuko-reform2.png
 
cyuukoreform-3-1.png

cyuukoreform-4.png


362119.jpgどんなことでもご相談に乗ります!お気軽にお問い合わせください!

基礎工事

2016.03.07 基礎工事 

先日の配筋検査に合格して基礎のコンクリート工事が進んでいます。

基礎は、もちろんベタ基礎です。
ベースのコンクリートを打ち、続いて立上り部分の型枠を組みコンクリートを打ちます。

現在はコンクリートの養生中です。

IMG_0541.jpg

IMG_0542.jpg

基礎が完成すると、間もなく上棟です!

ページトップへ